お隣のナンシー逝く(94歳)

ブログ引っ越しました。
仕事の資格取得とカンファレンスでアメリカ、アリゾナに10日間行っていました。落ち着いてから顔を見に行こうと思っていたお隣のナンシー、金曜にランタオの病院で安らかに息をひきとったそう。94歳。去年から入退院を繰り返していたから、寿命が少しずつ近づいて来たとは本人も家族も分かっていたことでしょう。

それにしても、すばらしい生きっぷり。大きな愛と思いやりに溢れ、ポジティブ思考でいつも皆を鼓舞し、「私はなんてラッキーなのかしら!」「You made my day!」といつも感謝の気持ちを口に出していたナンシー。私が話を聞いてあげようと顔を出すと、元ソーシャルワーカーの彼女の方がいい聞き手となってくれることが多かったかも。ありがとう、ナンシー。私の老後はまだ少し先だけど(老人になるまで長生きできたらの話!)、ナンシーをお手本にして、最後までしっかりと生きたい。

When you were born you cried and the world rejoiced

アリゾナのカンファレンスのメンバーと一緒に湖畔で歌った、ナバホ族の歌。Youtubeでみつけた! 歌詞を和訳するとこんな感じ。「生まれた時、あなたは泣き、世界は大いに喜んだ。いい人生を生きて! そうすればあなたが死んだとき、世界が泣いてあなたは喜びに包まれるでしょう」

この歌をナンシーと彼女の家族に捧げ、魂のご冥福をお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました